2005年10月04日

石油関連商品輸出増

記事によると今年1月〜8月にかけて中国の石油関連商品輸出量は増大(昨年比42.3%増)しており、輸入量は減少(19.1%減) している。 国内需要を満たすのにも窮している中国においてこのような現象が起こる理由は昨今の原油高において国際価格と国内価格の差がある為。 これは国内の制度上の問題であると結んでいる。変な話だがこの制度では中国から海外に輸出した後、 国際水準の値段としてまた中国に入ってくる可能性もあるだ。

http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/china/400789

posted by ブルーフィッシュ at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。