2005年09月20日

国際結婚の難しさを痛感C

国際結婚の難しさを痛感にて書かせていただいた友人 (上海人女性)であるが、その後旦那(日本人)との協議離婚が成立し無事子供の養育権を勝ち取り、マンションの所有権も勝ち取った。 すぐにマンションを売り、今では蘇州でオーナーママとしてスナックを経営している。実に逞しい限りである、またその決断の早さ、 行動の早さに驚かされる、今は平穏な日々を一人息子と過ごしている。彼女が蘇州を選んだのは、 競争が上海に比べてまだまだ激化していない点や飲み屋街が一箇所に集中しており新規参入がし易い点があったのだという。 これが母の強さと言うものなのか、色んな人生があるものだ。彼女の画像はまた別の機会で…

国際結婚の難しさを痛感
国際結婚の難しさを痛感A

国際結婚の難しさを痛感B

posted by ブルーフィッシュ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 巷説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

国際結婚も日本人同士も同じさ♪
Excerpt: さすが海外に住んでいますと、さすが友人たちの彼氏は国際色豊かです。以前にも書きましたが、KIWIはもちろんのこと、 フランスイギリス、アメリカ、中国、もちろん日本もいます??
Weblog: GO READY GO!〜海外逃亡記
Tracked: 2005-09-21 12:25
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。