2005年08月23日

中国企業上位500社、05年度番付発表

2005年度中国企業上位500社番付が21日、発表されております。中国の製造業上位500社、 サービス業上位500社も発表されており。中国石油化工集団公司、上海宝鋼集団公司、国家電網公司がそれぞれ首位となっております。 やはりシノペックは飛びぬけているようです。 

  興味深いのは確かに巨龍が永い眠りから目覚めて10数年が過ぎ驚異的な成長を遂げ、 世界の工場と呼ばれるまでになったのですが、今回発表された2005年度中国企業上位500社の売上総額は、世界上位500社の8.4%、 利益総額は7%、資産総額は6%に相当するにすぎないという事です。米企業上位500社と比較すると、 中国上位500社の売上総額は17.2%、利益総額は12.5%、資産総額は18.2%になる。

これを「すぎない」と見るのか、「もうそこまで来た」と見るのか。問題は今後どれだけの伸び代があるかという事だろう。 よく日本の昭和30年代と比べられるが取り巻く環境は全くと言っていいほど異なっている。そんなに簡単な事でも無さそうである。

http://www.people.ne.jp/2005/08/22/jp20050822_52885.html

posted by ブルーフィッシュ at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。